ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2017年8月22日
リ本No.1709

世界初、AIで少し先の体感温度を予測する「ムーブアイmirA.I.」で快適性・省エネ性を向上

2018年度 三菱ルームエアコン「霧ヶ峰FZ・Zシリーズ」発売のお知らせ

前のページへ戻る
印刷用ページへ

三菱電機株式会社は、ルームエアコン「霧ヶ峰」の新商品として、世界で初めて※1 人工知能(AI)で、少し先の暑い・寒いと感じる体感温度を予測する赤外線センサー「ムーブアイmirA.I.(ミライ)」搭載により、快適性と省エネ性を向上した「FZシリーズ」と「Zシリーズ」計18機種を11月上旬から順次発売します。

  • ※1:2017年11月1日発売予定、当社調べ。家庭用エアコンにおいて。部屋の中を360°センシングして、外気温と日射熱影響から、少し先の体感温度を予測する技術

新商品の特長

  1. 世界初、AIで少し先の体感温度を予測する「ムーブアイmirA.I.」で快適性と省エネ性を向上
    • 赤外線センサー「ムーブアイmirA.I.」が床や壁からの輻射熱や日射熱など部屋の温度状況を360°センシングし、部屋にいる人の体感温度データを取得
    • 取得したデータを時系列に分析し、住まいによって異なる住宅性能(室温に影響する性能)を判定。外気温や日射熱などが体感温度に与える影響を分析し、少し先の体感温度を予測
    • 予測に基づく「先読み運転」で暑い・寒いと感じる体感温度変化を減らし、快適でさらに省エネ※2
    • ※2:MSZ-FZ6318S、当社環境試験室(20畳)において、外気温と日射負荷は当社が独自に想定した冬期をモデルとし変動・設定温度23℃で運転した場合。設定温度到達後4時間における「先読み運転」切(1,115Wh)と「先読み運転」入(1,049Wh)の積算消費電力量比較。設置環境、使用状況により効果は異なります
  2. 世界初、「Active Switch Compressor(アクティブスイッチコンプレッサー)」採用でさらなる高効率運転を実現【FZシリーズ】
    • 世界初※3 の2種類のDCモーター結線をもつ「Active Switch Compressor(アクティブスイッチコンプレッサー)」と、モーター結線を自動で切り替えるインバーター回路を開発
    • 部屋をすばやく快適な温度にするハイパワー運転時だけでなく、設定温度到達後の安定運転時も高効率運転を両立
    • ※3:2017年11月1日発売予定、当社調べ。DCインバーター圧縮機を搭載した家庭用エアコンにおいて。2種類のDCモーター結線を切り替える技術

発売の概要

商品名    形名    容量    希望小売価格    発売日    月産台数   
三菱ルームエアコン
霧ヶ峰    FZシリーズ    4.0〜9.0kW    オープン価格    11月1日    2,500台   
Zシリーズ    2.2〜9.0kW    12月中旬から順次    20,000台   
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 三菱電機お客さま相談センター

TEL: 0120-139-365

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。

文字サイズ変更
  • 小さく
  • 標準
  • 大きく
Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する