ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2013年11月21日
自動車 No.1307

様々な事業のノウハウを結集した先進の自動車技術を搭載

三菱電機 コンセプトEV「EMIRAI 2」を開発

前のページへ戻る
印刷用ページへ

三菱電機株式会社は、新たにパワートレイン系コンセプトと運転支援系コンセプトの2つのコンセプトを集約させ、近未来のクルマに求められる「環境」「安全」「快適」を高度に実現するコンセプトEV「EMIRAI 2(イーミライツー)」を開発しました。本コンセプトEVは、「第43回東京モーターショー2013」(11月23日〜12月1日、於:東京ビッグサイト)に出展します。

開発の経緯

当社は、車が様々な情報とつながる「インテリジェントコネクト」をコンセプトに、「便利」「エ
コ」「安全」に配慮したEVベースのコンセプトカー「EMIRAI」を開発し、前回の東京モーター
ショーで公開しました。
今回、EVとしての環境性能だけでなく、操縦性と安全性を向上させるパワートレイン系コンセ
プトの「xEV(エックスイーブイ)」と、運転時の「安全・安心」「快適・便利」を向上させる運
転支援系コンセプトの「xDAS(エックスダス)」を集約した「EMIRAI 2」を開発しました。

主な特長

<パワートレイン系コンセプトカー「xEV(エックスイーブイ)」>
前輪に1個、後輪は左右を独立して駆動できる2個のモーター(計3個)を搭載した最大出力
125kWを備える4輪駆動EVです。独自のモーター制御技術により、さまざまな路面状況に対応
した上質なEVの走りを提案します。    

・    雪道などでも安全な走行を実現する「高精度トラクションコントロール」   
・    心地よく滑らかな加速感を実現する「スムーズG(加減速)コントロール」   
・    滑らかな段差通過を実現する「低速段差通過コントロール」   

<運転支援系コンセプトカー「xDAS(エックスダス)」>
「クルマが人に調和する」をコンセプトに、インテリア・情報・操作を人に調和させたEVで
す。当社の映像表示制御技術、画像・センサー情報処理技術、HMI(ヒューマンマシンインター
フェース)技術により、安全で快適な運転を支援します。    

・    ドライバーが必要とする情報を、視線移動を減らして分かりやすく表示することにより、便
利で快適な運転を支援する「インテリジェントインフォメーションパネル(IIP)」   
・    ドライバーにとって危険性が高い情報や、ドライバーが欲している情報を抽出して視線に応
じて提示する「統合型イメージセンシング」と「あれ何?サーチ」   
・    簡単で直観的な操作により安全な運転を支援する「ナチュラルユーザーインターフェース」   

開発担当

三菱電機株式会社 自動車機器開発センター

〒670-8677 兵庫県姫路市千代田町840番地

TEL 079-293-1251(大代表) FAX 079-298-7348

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。

文字サイズ変更
  • 小さく
  • 標準
  • 大きく
Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する