文字サイズ変更ボタンです
  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

緑の質の向上へ~生きもの調査から始まる考察

テキスト版
印刷用ページへ
自然との共生を目指す活動を各製作所で推進

私たちの暮らしは、食料や水の供給、気候の安定など、生物多様性を基盤とする「生態系サービス」によって支えられています。こうした暮らしを維持していくために、三菱電機グループは2010年5月に「生物多様性行動指針」を策定。「事業所における生物多様性保全」施策として、全事業所で「生きものへの負の影響を低減する」「生きものとのより豊かな共生を目指す」「働く中で社員が自然との関係を取り戻す」の3つの方向性で活動することを定めています。各事業所では、事業所内の「緑の質の向上」活動を進めることで、社員の活動内容に対する理解の促進と参加する社員の拡大を図り、周辺地域への貢献と地球社会のために行動する人材の育成に取り組んでいます。

  • 生態系サービスは、一般に「供給サービス」「調整サービス」「文化的サービス」「基盤サービス」の4つに分類される(国連ミレニアム生態系評価など)

このサイトの見方

調査を実施した拠点ごとに、 の内容を掲載しています。
これらの情報は、随時アップデートしていきます。

調

調査     生きものリスト    

調査で判明した生きもののリストを掲載しています。

フォトギャラリー    

調査で判明した生きものたちの写真をご覧いただけます。


対話     緑をめぐる対話    

行政や有識者との対話内容をご覧いただけます。


行動     考察と行動    

調査結果に基づく各事業所の考察と、それに基づく行動を紹介しています。

このほか、各拠点ならではのコンテンツも掲載しています。



取組の意義と目的

生きものへの影響を日常的に意識できるようにすることが
「グローバル環境先進企業」を掲げる当社グループに望まれること

当社の事業所では、生物多様性保全に向けた活動の一つとして、「敷地内の緑地を、生きものが利用しやすいように改善する」ことに取り組んでいます。緑地という目に見える場所が変わっていくことで、多くの社員が「自らの活動が生きものへもたらす影響」を自然と考えられるようになるのではないかと考えています。

例えば、従来、工場内の緑地では、種類や高さが同じ木をまとめて植えるような、「人間にとって管理しやすい緑地」を積極的につくってきました。これを見直し、種類の異なる木を混ぜ、高さも変えておくと、生きものが利用しやすくなります。毎日のように目にする緑地で少しずつでもこうした配慮を進めれば、社員が「なぜそのようにしていくのか」を考え、生きものや、その多様性、事業活動と自然との共生のあり方について関心を高める機会になるでしょう。

私たちがこの活動で目指しているのは、日本及び世界の各地に製造拠点や販売拠点を持ち、製品を提供する三菱電機グループの全社員が、自らの行動が生態系や生物種の多様性の維持に負の影響を与えていないかを、習慣として省みながら行動できる人材になることです。このような習慣を持つことは、人間活動が意図せず引き起こしていく「環境問題」を防ごうとする基本的な資質であると考えています。緑地の継続的な改善は、こうした習慣や資質の育成のための基盤をつくることと位置づけています。「グローバル環境先進企業」を掲げる企業には、自然との共生を進めながら事業活動を行う力を持つことが望まれていると考えています。

環境推進本部  企画グループ  田中 基寛 (1級ビオトープ計画管理士)

【緑の質の向上へ~生きもの調査から始まる考察】事業所での生物多様性保全施策について

生物多様性保全への対応に関するその他の取組はこちら

【基本方針とマネジメント】自然共生社会の実現




Text Only Options

このページのトップへ


SimpleWeb メニュー

このページのオリジナル版を表示する